本体設定

Share on Facebook
はてなブックマーク - 本体設定
このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 起動確認
    1. 起動
    2. 領域拡張# df
      Filesystem 1K-blocks Used Avail Capacity Mounted on
      /dev/mmcsd0s2a 3012184 1762076 1009136 64% /
      devfs 1 1 0 100% /dev

      このままでは、SDメモリの一部しか使用していません。もったいないので全体を使えるように拡張します。
      まずrootになって以下を実行
      # gpart show mmcsd0 # 現在のサイズ確認
      # gpart resize -i 2 mmcsd0 # サイズ一杯にスライス切り直し
      # gpart show mmcsd0 # 結果の確認
      # reboot # 再起動

      リブート後以下の実行
      # gpart show
      # gpart resize -i 1 mmcsd0s2
      # growfs /
      Device is mounted read-write; resizing will result in temporary write suspension for /.
      It's strongly recommended to make a backup before growing the file system.
      OK to grow filesystem on /dev/mmcsd0s2a, mounted on /, from 3GB to 15GB? [Yes/No] Yes
    3. 拡張できたか確認
      # df
      Filesystem 1K-blocks Used Avail Capacity Mounted on
      /dev/mmcsd0s2a 15208932 1762076 12230144 13% /
      devfs 1 1 0 100% /dev

    4. SWAP領域確保
      512MBのスワップ領域を設定する場合
      まず、以下で512MBのファイルを用意する
      # dd if=/dev/zero of=/usr/swap0 bs=1024k count=512
      chmod 0600 /usr/swap0
      /etc/rc.conf を編集して、起動時用に設定
      swapfile="/usr/swap0"
      注)この方法は既にすたれた方法で10CURRENTでは別の方法でするのが作法らしいですが新しい方法が良く分からないので、 /etc/rc.d/addswap を以下に書き換えます。
      #!/bin/sh
      #
      # Add additional swap files
      #
      # $FreeBSD: src/etc/rc.d/addswap,v 1.4.2.2.4.1 2008/10/02 02:57:24 kensmith Exp $
      ## PROVIDE: addswap
      # REQUIRE: FILESYSTEMS
      # BEFORE: sysctl
      # KEYWORD: nojail

      . /etc/rc.subr

      name="addswap"
      start_cmd="addswap_start"
      stop_cmd=":"

      addswap_start()
      {
      case ${swapfile} in
      [Nn][Oo] | ”)
      ;;
      *)
      if [ -w "${swapfile}" ]; then
      echo “Adding ${swapfile} as additional swap”
      mdev=`mdconfig -a -t vnode -f ${swapfile}` && swapon /dev/${mdev}
      fi
      ;;
      esac
      }

      load_rc_config $name
      run_rc_command “$1″
      再起動すれOKですがすぐにスワップを有効にするには下記を実行します
      # mdconfig -a -t vnode -f /usr/swap0 -u 0 && swapon /dev/md0
      swapが有効になっているか確認。
      # swapinfo
      Device 1K-blocks Used Avail Capacity
      /dev/md0 524288 0 524288 0%

  2. 各種設定
    1. Wi-Fi設定
      無線全般 http://www.freebsd.org/doc/en_US.ISO8859-1/books/handbook/network-wireless.html
      アクセスポイント  http://sakananohone.servehttp.com/it/it00032/it00032.html

      アダプタの搭載機能チェック 

      # ifconfig wlan0 list caps
      drivercaps=d85c501<STA,IBSS,HOSTAP,SHSLOT,SHPREAMBLE,MONITOR,MBSS,WPA1,WPA2,WME,WDS>
      cryptocaps=1b<WEP,TKIP,AES_CCM,TKIPMIC>
      #

    2. ソース取得
    3. ports取得
  3. WEBサーバ構築
    1. インストール
    2. 設定
  4. MySQL構築
    1. インストール
      今回入れたのはportsからmysql55-server残念ながらそのままではコンパイルが通りません。
      2箇所ほど修正が必要です。
      1.コンパイルの型チェックが厳しくなっているので、1箇所キャストが必要 場所は忘れた
      2.fpsetmask関数が新しいFreeBSDでは削除された(or 場所が変わった?)ためこの関数だけ準備してやる。
      以上で正常にコンパイル完了
    2. 設定
  5. PHP
    1. インストール
    2. 設定

(コメント オフ)